育休

【育児休業給付金】男性が育休手当をもらうために知っておきたいこと

育児休業給付金を男性がもらうために確認すること
男性でも育休を取れることは知ってるけど、手当てももらえるのかな? 育休に入るかどうか決める前にお金の不安を解消しておきたい。

こんな疑問に答えます。

この記事を書いているぼくは、夫婦そろって1年の育休に入っていました。

本記事では「男性でも育休中に手当をもらえるのか? 実際にいくらもらえるのか?」ということについて解説していきます。

育児休業給付金は男性でももらえます

お金を持っている男

男性でも育休をとれば育児休業手当をもらうことができます。

ただぼくも育休を取る前に不安だったのは、夫婦同時に育休を取ったら2人同時に育児休業手当をもらえるのかということでした。

結論から言えば、夫婦が同時に育休を取ったらそれぞれが育児休業給付金をもらうことができます。

女性は妊娠・出産があり別の制度も適用されますが、育休に関する制度は男性も女性も変わらないのです。

育児休業給付金はいくらもらえるのか?

実際に育児休業手当をもらえることがわかれば、次に気になるのは金額でしょう。

厚生労働省のHPにある解説によりますと

育児休業給付の1支給単位期間ごとの給付額は、「休業開始時賃金日額×支給日数×67%(ただし、育児休業の開始から6か月経過後は50%)」により、算出します。

Q&A〜育児休業給付〜

とのことですが、お役所の文章はかたい文面でわかりづらいですね。

もう少しかみ砕いて言えば、育児休業に入る前の6ヶ月間でもらった給料の額面(社会保険料などを引かれる前の金額)で、さらにボーナスを含めない金額のひと月あたりの平均を出せばいいということです。

正確に1円単位まで計算したい几帳面な人はしっかりと計算すればいいでしょうけれど、育休中のおおよその収入がわかればいいというのであれば、ざっくり計算で十分です。

毎月の給料にほとんど変動がなければひと月の給料の額面の67%が育休開始から6ヶ月分もらえて、それ以降は50%になると覚えておけば大丈夫です。

歩合制などで給料に変動がある人であれば育休前の6ヶ月間の給料を平均してひと月あたりの額面を計算したうえで67%が育休開始から6ヶ月分、それ以降が50%ということになります。

これで育休中のおおよその収入がわかるので、育休中の生活設計をすることができます。

ちなみに育児休業給付金が振り込まれるまでには手続きのタイミングによって変わりますが、だいたい2ヶ月から4ヶ月ほどかかるので、注意しましょう。

初回の支給日がいつ頃かという疑問を解消する
【育児休業給付金】育休手当の支給日はいつなの?初回から仕組みを解説育児休業給付金の初回支給日はいつ頃なんだろう?なんでそんなに時間がかかるんだろう?こんな疑問について解説します。...

夫婦で育休を取って暮らしていけるのか?

夫婦と子供

夫婦で育休を取るにあたって一番にクリアするべき課題は、お金の問題です。

育児休業給付金のシミュレーションを行っても、そこから住民税を支払う必要があり実際の手取りはもう少し減ることになります。

さらに言えば産まれた赤ちゃんのオムツ代やミルク代がかかるので、その分も計算に入れておく必要があります。

育休に入る前に貯金もできないほどギリギリの生活を送っていたとしたら、けっこう厳しいかもしれません。

見直すべき生活費
  • 保険
  • スマホ代
  • 電気代
  • ガス代

このあたりは比較的かんたんに見直しができて出費を抑える効果が高いのでオススメです。

ぼくも育休前に、これらに加えて居住費も見直して夫婦で月5万ほど節約することができたので、育休中も手当てが足りないということはありませんでした。

 

固定費の節約方法についてはコチラ

お金が入ってくる
育休中にお金が足りない?5つの固定費を見直せば月3万は節約できる!育休中にお金が足りないと悩んでいる方に向けて簡単にできる固定費の節約方法を紹介します。育休中に貧乏生活をするくらいならちょっと手間で節約して余裕のある子育てをしましょう!...

もしも育休を取るにあたって貯金を切り崩すことになったとしても、育休から復帰した後は住民税が安くなったり、扶養に入ることで納める税金を減らすこともできます。

制度を知って対策を立てておけば夫婦で育休を取っても生活に困ることはありません。

 

というわけで、今回は以上になります。

ぜひ夫婦でじっくりと検討して、ゆったりと幸せな子育てライフを送ってみてください。