育休

【育児休業給付金】育休手当の申請期限はいつまで?結構余裕あります!

期限が過ぎた
育児休業給付金の申請が期限に間に合わなくて過ぎてしまった!

申請期限に遅れたらもう支給されないって聞いたけど本当なの?

こんな疑問に答えます。

育児休業給付金の申請は聞きなれない言葉が多かったり、難しいというイメージを持っていて、出産や育児に追われる中で詳しい制度を知ることは一苦労ですよね。

うっかり申請期限に遅れてしまい、育休中の生活に欠かせない育児休業給付金が支給されない!なんて困った状況になってしまうと慌ててしまいます。

本記事では「育児休業給付金の申請期限に遅れたらどうしたらいいのか?」について解説していきます。

育児休業給付金の申請期限に遅れたとしても諦めることはない

育児休業給付金の申請に慣れた会社であれば、あまり落ち度はないでしょう。

しかし小規模の会社や育休経験者がほとんどいない会社などは、育児休業給付金の申請をすっ飛ばしてしまったり、忘れられるというケースも多かったりします。

こういった申請期限が過ぎてしまった場合は、育児休業給付金の支給を諦めるしかないと思ってしまいがちですが、諦めることはありません。

育児休業給付金の申請期限には時効がある

雇用保険の給付に関する扱いが2015年4月に改正されました。

2015年3月以前までは申請期限が過ぎたものについて一切支給が認められていなかったので、育児休業給付金の申請期限に遅れてしまった場合は諦めるしかありませんでした。

しかし制度の改正によって申請期限が過ぎてしまっても2年まで時効が認められるようになったので、期限を過ぎても後から申請すれば育児休業給付金を支給されるようになりました。

時効についての詳しい条件は以下の引用をご覧ください。

 支給単位期間の末日の翌日から起算して2年を経過する日

申請期限が過ぎたことにより給付を受けられなかった方へ  

制度改正前の古い情報しか知らなければ、本来もらえるはずのお金をもらうことはできません。

金融機関のセールスマンとして長く税金や社会保険について関わってきましたが現場にいた感覚として、国の法律や制度は知らないものが損をして、知ってる人だけが得をするようにできています。

教えてもらえると思って受け身になっていると、知らないうちに損をしてしまっていることがあるので、自分に関わる制度の知識は勉強しておいた方がいいです。

育児休業給付金の申請期限切れは無給期間が長くなるということ

育児休業給付金の申請期限が切れてしまっても時効があるから安心というわけではありません。

申請が遅れればそれだけ育児休業給付金がもらえるタイミングが後になってしまいます。

時効はあくまでも救済措置であって基本は申請期限内に手続きを済ませることが大前提になっています。

出産で病院に支払う費用もかなり高額ですし、赤ちゃんのために買い揃えるものも決して安くはありません。

一時的に大きな出費を覚悟しておかなければ、出産や育休を乗り切ることができません。

 

もしも育児休業給付金の申請期限が切れた場合にはその間は収入がなくなるので、生活が圧迫されることになります。

万が一、育児休業給付金の申請期限が切れてしまったら何かしら対策する必要があるでしょう。

具体的には

  • 貯金を切り崩して生活する
  • 育休中でも働くことを検討する
  • 不要品を売ってしのぐ
  • 生活費を節約する

など、対策はいくつか考えられますが、自分にあった方法を実行するしかありません。

 

 

固定費の節約方法をまとめたものはコチラ

お金が入ってくる
育休中にお金が足りない?5つの固定費を見直せば月3万は節約できる!育休中にお金が足りないと悩んでいる方に向けて簡単にできる固定費の節約方法を紹介します。育休中に貧乏生活をするくらいならちょっと手間で節約して余裕のある子育てをしましょう!...

 

 

なるべくなら追い込まれる必要がないように、事前にしっかりと計画を立てて育休に入ることが望ましいですね。

 

というわけで、今回は以上になります。

お金の悩みや不安を抱えたまま育児をするとなるとストレスもかなり大きいです。

夫婦関係にヒビが入ってしまったり、赤ちゃんにイライラが伝わってしまったりと良いことはありません。

制度や仕組みに詳しくなってゆったりとした気持ちで育児ができるようにしましょう。